【岡村 寛】海洋生態学と機械学習法の融合によるデータ不足下の生態系評価手法の開発


研究代表者

岡村 寛

岡村 寛

水産研究・教育機構 中央水産研究所
グループ長
研究室ホームページ


研究概要

海洋資源を持続的に利用していくためには、環境や漁業などの人間活動が海洋の生物多様性にどれだけ影響を与えるのかを知る必要があります。しかし、海洋生態系の評価に利用できるデータは限られており、また大きな不確実性を持っています。本研究では、新しい統計学的手法や機械学習手法と呼ばれる柔軟な方法を用いることにより、不確実で限られたデータのもとでも生態系の評価・予測を行えるような生態系モデルの開発を目指します。それにより、生態系の保全・再生に大きな貢献ができることが期待されます。


主たる共同研究者
江口 真透 情報・システム研究機構統計数理研究所 数理・推論研究系 教授

報告書

24年度年次報告書
25年度年次報告書

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望