【樽茶 清悟】スピン量子計算の基盤技術開発


研究代表者

樽茶 清悟

理化学研究所
創発物性科学研究センター
部門長

研究室ホームページ


研究概要

本研究では、電気制御量子ドットのスピンで作られる量子ビットと量子もつれを単位とする量子制御を高度化することにより、多重結合量子系の電子相関とダイナミクスの物理の探索と制御技術の開発を行う.具体的な内容としては、拡張性のある多重量子ドット構造の開発と多量子ビットもつれ操作の実現、誤り訂正をより現実的なものにするための量子ゲートの高忠実度化、雑音環境によるデコヒーレンス抑制等により、量子コンピュータの大規模化を研究する。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望