【吉川 元起】標準ニオイ多次元メガライブラリ構築と高解釈性数理モデル抽出による判別精度の定量予測


研究代表者

吉川 元起

物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
グループリーダー

研究室ホームページ


研究概要

本研究では、近年開発に成功した最先端のセンサ素子【MSS】と各種感応材料を組み合わせることで、新たな産業群の創出が期待されている「嗅覚センサ」について、100 万通り以上の感応材料-ニオイ応答波形を擁する多次元メガライブラリを構築します。ここに、最先端のデータ解析技術【異種混合学習】を融合することで、【どういう測定条件で、どこまでの精度が実現するか?】という長年の問に定量的な指標を与えます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望