【佐藤 薫】大型大気レーダー国際共同観測データと高解像大気大循環モデルの融合による大気階層構造の解明


研究代表者

佐藤 薫

東京大学
大学院理学系研究科
教授


研究概要

本課題では、代表者らが開発し昭和基地に設置した世界初の南極大型大気レーダー(PANSYレーダー)を軸とした国際共同観測による高解像度でスパースな観測データと、人工衛星による低解像度でグローバルな観測データを組み合わせ、高解像度大気大循環モデルに同化する手法を開発します。また、これを用いて、地上から高度約100kmに至る大気全体の高解像度な解析データを作成し、大気大循環とその階層構造に関する物理的解明を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望