【岡本 博】強相関系における光・電場応答の時分割計測と非摂動型解析


研究代表者

岡本 博

東京大学
大学院新領域創成科学研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

遷移金属化合物や有機分子性物質で実現する強相関電子系に強い超短パルス光を照射すれば、通常の摂動の枠組みでは取り扱えない非平衡の電子構造変化や超高速の電子相転移の発現が期待できます。本研究では、”強相関電子系の非摂動型応答の時分割分光計測”及び”厳密計算にビックデータ解析とデータ同化の手法を加えた過渡スペクトルの解析手法構築”を一体として推進し、強相関電子系の光/電場応答の解明と学理構築を行います。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望