【佐藤 守俊】ゲノムの光操作技術の開発と生命現象解明への応用


研究代表者

佐藤 守俊

東京大学
大学院総合文化研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

本研究では、ゲノムの光操作に焦点を絞り、これを実現するオリジナルな技術を創製します。当該技術には、同じく本研究で開発する近赤外光スイッチタンパク質と組み合わせて、生体での低侵襲・高効率・高精度の光操作のために十分な高度化を施します。さらに光操作ツールを導入したトランスジェニックマウスを樹立し、ゲノムの異常に基づく脳機能障害の理解に応用すると共に、生体における造血系細胞の動態の解明に応用します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望