【明石 良】大規模画像データに基づくゲノムと環境の相互作用を考慮した成長予測モデルの構築


研究代表者

明石 良

明石 良

宮崎大学
農学部
教授


研究概要

本研究は、植物の遺伝子型値、表現型値および環境要因値間の相互作用を解析することで、成長予測モデルを構築する手法を開発します。表現型値と環境要因値は、様々な環境下で栽培した植物の成長に伴う変化を経時的および網羅的に取得した大規模な画像データに基づいて求め、これらから植物の頑健性にかかわる機構を解明し、新たな品種育成や栽培方法等の改善を広くサポートすることを目指します。


主たる共同研究者

磯部 祥子 かずさDNA研究所 先端研究部 研究室長
中谷 明弘 大阪大学 大学院医学系研究科 特任教授(常勤)
佐藤 修正 東北大学 大学院生命科学研究科 准教授
七夕 小百合 茨城大学 農学部 准教授

明石 良_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望