【三宅 亮】フィールド向け頑健計器と作物循環系流体回路モデルによる形質変化推定技術に関する研究


研究代表者

三宅 亮

三宅 亮

東京大学
大学院工学系研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

長期間、作物の近傍に設置して、作物の栄養の吸収や作物周辺の環境(光、温湿度、CO2等)を逐次観測することのできる小型の計器類と、それと連動して動く、作物体内の水分や養分などの循環の状態を予測する作物体内循環系流体回路モデルを作成し、肥料添加や作物周辺環境が、その成長にどのように影響していくかを推定する技術を開発します。また開発した技術を使って狙った形質を持つ作物を作るための精密施肥技術も開発します。


主たる共同研究者
小川 敦史 秋田県立大学 生物資源科学部 教授
小出 哲士 広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所 准教授

三宅 亮_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望