【村松 淳司】メタンから低級オレフィンへの直接転換を可能にする金属超微粒子を担持した複合酸化物触媒材料の創製


研究代表者

村松 淳司

東北大学
多元物質科学研究所
教授


研究概要

既存材料では成し得なかった、メタンを高度に活性化し、低級オレフィンへ直接転換する新しい触媒材料を創製します。解析・計算グループはコンビナトリアル計算化学・ナノ構造解析に基づき設計指針を示します。それを受け、材料グループが各自のオリジナル技術に基づき金属超微粒子と酸化物とを融合した材料を調製、反応グループが触媒活性を評価します。システム評価グループはエクセルギー解析によりプロセス全体を評価します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望