【大山 茂生】酸素原子シャトルによるメタン選択酸化反応プロセス開発


研究代表者

大山 茂生

東京大学
大学院工学研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

A+O2/AOシステムにて分子状酸素を利用する新しいメタン選択酸化反応プロセスを開発します。メタンと酸素の反応サイトを分離した異核金属クラスターを階層的構造に組み込み生成物の再酸化を抑制した高効率な触媒を精密設計します。定常状態で活性サイトを判別できる新たな解析法を開発します。反応の高圧化をメンブレンコンタクターにより達成し、エネルギー産業・化学工業に変革を与える革新的メタン利用プロセス開発に挑みます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望