【阿部 英樹】高効率メタン転換へのナノ相分離触媒の創成


研究代表者

阿部 英樹

阿部 英樹

物質・材料研究機構
エネルギー・環境材料研究拠点
主幹研究員

ホームページ


研究概要

本研究は、メタンや二酸化炭素などの安価で豊富な炭素資源を熱や光などの異なったエネルギーを利用してアルコールや液体炭化水素などの有用な炭素資源に転換(C1転換)する高機能触媒材料の開発に挑みます。雰囲気や温度の変化に応じて合金相が自発的に形成するナノ細線状の相分離構造を触媒活性中心として利用する(ナノ相分離触媒)ことによって、高度な炭素被毒(コーキング)耐性と優れたC1転換触媒機能を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望