【荘司 長三】生体触媒の誤作動状態を利用するメタンの直接的メタノール変換


研究代表者

荘司 長三

荘司 長三

名古屋大学
大学院理学研究科
准教授

研究室ホームページ


研究概要

ヘム鉄(鉄ポルフィリン錯体)を活性中心とする長鎖脂肪酸水酸化酵素のシトクロムP450BM3に、長鎖脂肪酸に似た構造をもつ疑似基質(デコイ分子)を取り込ませることにより、メタンが優先的に結合する反応空間を構築し、常温・常圧での高効率なメタンの水酸化が可能な強力なバイオ触媒系を創出します。さらに、デコイ分子を用いる酵素反応を、大腸菌などの菌体内でも行うことを可能とし、メタンを水酸化するバイオリアクターを開発します。また、反応空間の科学を固体触媒などの展開に結びつけます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望