【河口 研一】ナノワイヤ半導体を用いた環境電波発電デバイスの研究開発


研究代表者

河口 研一

富士通株式会社
ワイヤレスシステム事業部
研究員


研究概要

環境電波から電力を取り出すには、超高感度のマイクロ波受信デバイスが必要です。本課題では、トンネル電流を動作原理とする高感度なバックワードダイオードを、サブミクロンサイズの微小な半導体ナノワイヤによって低容量化することで、飛躍的に高感度化した受信デバイスを実現します。さらに、ナノワイヤバックワードダイオードに最適な電力変換回路を実装することで、微弱環境電波の電力変換を原理実証します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望