【森 孝雄】新規な磁性半導体熱電材料を用いた熱電発電デバイスの研究開発


研究代表者

森 孝雄

森 孝雄

物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)
主任研究者

研究室ホームページ


研究概要

本研究提案は、広範囲実用化に資する高性能な磁性半導体を用いた熱電材料を開発し、微小な熱エネルギーを電気エネルギーに変換してナノ半導体素子へ供給する道筋を開くことが目標です。学理として磁性による熱電の高性能化メカニズムを解明発展し、ナノ構造制御、ナノスケール理論解析、TEMナノ熱計測・電気計測を組み合わせて活用して熱電高性能化を進め、mW級熱電発電を与える磁性半導体材料・素子を開発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望