【鈴木 雄二】高出力環境発電のための革新的エレクトレット材料の創成


研究代表者

鈴木 雄二

鈴木 雄二

東京大学
大学院工学系研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

近年、エレクトレット(電荷を半永久的に保持させた誘電体)を用いた環境発電が、高付加価値電源の社会実装を可能にする革新的な発電技術として注目されています。本研究では、有機・無機ハイブリッドの革新的エレクトレット材料、および異方性誘電率を有する新たな機能性液体を創成し、振動発電・熱発電において、従来よりも2桁以上発電出力の高いエレクトレット発電の基盤技術を確立することを目的とします。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望