【鳥海 明】二次元界面場により創出される新規材料物性の機能化


研究代表者

鳥海 明

鳥海 明

東京大学 大学院工学系研究科

教授
研究室ホームページ


研究概要

表面・界面の二次元的性質の影響を強く受けることによりバルク材料では存在しない物性的特徴を持った新規材料薄膜を創製し、その機能化を実証します。さらにこれらの二次元材料の特性を導入することで電子デバイスの機能を格段に広げます。それによって、単純なMore Mooreから機能を持ったMore Mooreの世界を開く基盤技術を提案・実証し、将来の集積化電子デバイスに対する可能性を大きく広げていきます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望