【民谷 栄一】細胞膜レセプタータンパクの1細胞統合解析技術の開発(1細胞レセプトーム解析技術の創成)


研究代表者

民谷 栄一

大阪大学
大学院工学研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

本研究では、既存のセルソーターや細胞アレイでは、困難な微小細胞集団(がんなど)の選別とそのシグナル応答解析を行います。特に、独自に考案した遠心流体制御—細胞デバイスにより1細胞ずつ網羅的に配置したその場でレセプタータンパクを捉えるとともに、細胞応答シグナルであるサイトカインや活性酸素種の産生、NET形成などを捉えるナノバイオセンサーを有しています。これら複数のデーターの相関解析を行い、最終的には新たな医療診断装置としての展開を目指しています。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望