【渡邊 直樹】多重高密度超解像顕微鏡IRISによる多分子複合体マッピング


代表研究者

渡邊 直樹

渡邊 直樹

京都大学
大学院生命科学研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

生体分子は、様々な相互作用を介し生命機能を担う分子複合体や生体を形づくる超分子複合体を形成します。本研究では、超解像顕微鏡の技術上の壁を打ち破る高密度画像と無制限多重染色を実現した独自のIRISによる細胞-病理研究を提案します。多種分子に対するIRISプローブを構築し、生体内での分子複合体の形成過程を分子のスケールで網羅的に可視化する、革新的細胞研究・病理診断プラットフォームを樹立します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望