【馬場 健史】細胞チップMSシステムを用いた1細胞マルチ分子フェノタイピング


研究代表者

馬場 健史

馬場 健史

九州大学
生体防御医学研究所
教授


研究概要

本研究では、1細胞におけるプロテオームおよびメタボロームの解析が可能な超高感度マルチ分子フェノタイピングシステムの構築を目的として、1細胞分離、1細胞成分試料調製、細胞成分高感度質量分析の3つの要素技術を開発します。またそれらの技術を効果的に統合することにより、各種分子計測データを1細胞レベルで取得することが可能なプラットフォーム”細胞チップMSシステム”を構築します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望