【高村 禅】多チャンネルプレーナ技術による生体組織分子解析とその神経疾患応用


研究代表者

高村 禅

高村 禅

北陸先端科学技術大学院大学
マテリアルサイエンス系/シングルナノイノベーティブデバイス研究拠点(エクセレントコア)

教授
研究室ホームページ


研究概要

微小なアクチュエータ等からなる細胞解析ユニットをアレイ化し、組織表面や切片、培養細胞ネットワーク等、生体組織中の2次元面にある個々の細胞の種類、機能・疾病状態を長期にわたって空間的に把握し、必要に応じて細胞内の内容物を抽出、位置情報を保ったまま次世代シーケンサや質量分析器などで網羅的に解析する技術基盤を確立します。本研究は、がん、動脈硬化、様々な難病の解明および治療ターゲットの探索・創薬に応用できると考えられます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望