【平岡 裕章】ソフトマター記述言語の創造に向けた位相的データ解析理論の構築


研究代表者

平岡 裕章

平岡 裕章

東北大学
材料科学高等研究所
教授

研究チームのホームページ


研究概要

本研究では,トポロジー,表現論,確率論,統計学を融合させた革新的データ解析手法を開発し,データ科学における新たな基盤技術を構築します.数学的手法の中心はパーシステントホモロジーと呼ばれる概念であり,データの「形」を定量的に記述する理論を確立します.更に,本手法をソフトマターの構造解析へ応用し,高機能ガラス材料設計や,疾患関連タンパク質のフォールディング構造解析といった挑戦的基礎研究を実施します.

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望