【石川 博】認識の数理モデルと高階・多層確率場による高次元実データ解析


研究代表者

石川 博

石川 博

早稲田大学 理工学術院基幹理工学部

教授


研究概要

機械に画像中の物体や状況などを人間のように認識させることはロボットの能力向上に不可欠で、労働力不足が予想される日本において社会的必要性の高い技術ですが、既存の情報技術ではいまだ実現が困難です。本研究では、「認識」現象の性質を規定するトップダウンと、データに直接関係づけられるボトムアップの2方向により「認識」現象の数理モデルを構築するとともに、高次元実データのより高度な解析を通じた実証をめざします。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望