【栄 伸一郎】生命現象における時空間パターンを支配する普遍的数理モデル導出に向けた数学理論の構築


研究代表者

栄 伸一郎

栄 伸一郎

北海道大学 大学院理学研究院

教授


研究概要

本研究では、今後のモデルの複雑化に対応した新たな数理モデル構築手法の開発を目指しています。具体的には、生命現象、特に生体内現象に注目し、それらを記述するための数理モデルの構築を念頭に置き、実験による検証が可能な数理モデル化のための理論構築を目指します。特に、個別の数理モデルにはあまり依存しない形で数理モデルの性質を調べるための普遍的な指標を提供することにより、数理モデルの解析を通すことなく実験結果との照合を可能にすることを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望