【高木 剛】次世代暗号に向けたセキュリティ危殆化回避数理モデリング


研究代表者

高木 剛

高木 剛

九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所

教授


研究概要

暗号分野では、それまで実社会への応用が無いと考えられていた整数論などの数学が利用されてきました。ところが、量子計算機や電力解析攻撃といった新たな物理的攻撃などにより、今や暗号の危殆化リスクが高まっています。本研究では、想定される最強の攻撃者をモデル化し危殆化を回避するために、整数論のみならず多様な数学理論を利活用するとともに新しい理論を構築し、情報セキュリティで利用される次世代暗号のための数学的基盤を大幅に進展させることを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望