【春野 雅彦】社会脳科学と自然言語処理による社会的態度とストレスの予測


研究代表者

春野 雅彦

春野 雅彦

国立研究開発法人 情報通信研究機構
脳情報通信融合研究センター
研究マネージャー


研究概要

本研究では、脳の多様な活動状態、SNSデータ、およびストレスセンサーなどの生体情報に対し社会脳科学と自然言語処理の手法を応用することで、社会的なタイプとストレス状態を生み出す脳のメカニズムを明らかにします。同時に、脳活動データと実社会データの対応付けにより、脳の活動パターンと認知、シンボルの間に存在する関係を解明し、シンボルとは何かという知識情報処理の最も本質的な問題への神経科学的解明を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望