【鈴木 健嗣】ソーシャル・イメージング:創造的活動促進と社会性形成支援


研究代表者

鈴木 健嗣

鈴木 健嗣

筑波大学 システム情報系

教授

website


研究概要

複数人からなる社会的行動を計測する手法であるソーシャル・イメージング基盤技術の確立を目指します。ここでは、身に付けたり着用できる機器や、実世界に映像と音響を重ね合わせる技術を応用することで、子ども達の創造的活動を促進し、社会性形成を支援する場としての「ミライの体育館」を構築します。また、特別支援学校やNPO法人と連携しながら自閉症児等の療育支援のための実証研究を通じ、情動・情緒を含むこころを支える情報学を開拓します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望