【渡邊 克巳】潜在アンビエント・サーフェス情報の解読と活用による知的情報処理システムの構築


研究代表者

渡邊 克巳

渡邊 克巳

早稲田大学 基幹理工学部

教授


研究概要

人間や情報システムの表層にありながら気づかれていない情報を「潜在アンビエント・サーフェス情報」と定義し、その科学的解明と活用を目指した研究開発を行います。無自覚的な身体動作や自律神経応答などを、自然な活動を邪魔することなく計測・解読する技術を開発し、科学的知見の蓄積と理論化とともに、具体的な実証フィールド(スポーツ等)における人間と機械の創造的協働を通じた、個人や集団の活動の質の飛躍的向上を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望