【黄瀬 浩一】経験サプリメントによる行動変容と創造的協働

研究代表者

黄瀬 浩一

黄瀬 浩一

大阪府立大学
大学院工学研究科
教授

研究概要

人が直面する多くの問題は、既に誰かが経験し、解決したものです。本研究では、この点に着目し、経験をディジタルデータとして抽出、経験バンクに記録して流通させることで、創造的協働を実現します。その際、ユーザが記録された経験を受け入れてより容易に行動変容するために、認知バイアスを考慮し、経験サプリメントと呼ぶユーザ適合した情報に変換します。また以上の処理を、学習、健康、スポーツとエンタテインメントの分野で実証します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望