太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出

1.研究領域の概要

 本研究領域は、太陽光エネルギーを電気エネルギーに直接変換する太陽光発電技術を対象とし、さらには太陽光エネルギーにより水素等を生成する化学燃料生成技術、電気エネルギーと化学燃料を同時に生成する技術等も含め、将来の独創的クリーンエネルギー生成に 資する研究開発を行った。具体的には、太陽光発電技術として、シリコン系、化合物薄膜型、色素増感型、有機薄膜型、新型超高効率系の太陽電池開発、太陽光利用による有用物質・エネルギー生成技術として、水素などの有用物質生成、有用物質とエネルギーの同時生成等に関する研究開発を対象とし、従来技術の延長線上の単なる高効率化、長寿命化を追うのではなく、材料探索、基礎物性解析等、光吸収、電荷分離、材料劣化等の基本に立ち返り、場合によっては全く新しい原理により動作する材料、デバイスを目指す等、独創的かつ将来的な波及効果が大きな研究開発を目指した。

2.CREST研究領域事後評価

2-1.評価報告書

「太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出」研究領域事後評価報告書

2-2.評価委員

◎太和田 善久 大阪大学大学院工学研究科 招へい教授
 加藤 昌子 北海道大学大学院理学研究院 教授
 櫛屋 勝巳 昭和シェル石油株式会社/ソーラーフロンティア株式会社 フェロー
 瀬川 浩司 東京大学大学院総合文化研究科 教授
 山田 明 東京工業大学工学院電気電子系 教授
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出」研究領域事後評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望