分散協調型エネルギー管理システム構築のための理論及び基盤技術の創出と融合展開

1.研究領域の概要

 本研究領域では 再生可能エネルギーをはじめとした多様なエネルギー源と様々な利用者をつなぐエネルギー管理システムにおいて、エネルギー需給を最適制御するための理論、 数理モデル及び基盤技術の創出を目的としている。具体的には、エネルギーと情報を双方向かつリアルタイムで処理し、分散して存在する需要と供給間の状況把握や協調制御を可能とする理論及び基盤技術の研究や、需要と供給それぞれの利己的意思決定をエネルギーシステム全体の社会的利益につなげるために、人間行動や社会的合理性を組み込んだ理論及び基盤技術の研究と、再生可能エネルギーの需給を気象や地理的条件、過去の実績等を考慮して予測する理論及び基盤技術の研究を推進している。これらの研究を推進するにあたり、分散協調型エネルギー管理システムの構築という出口を見据え、システム、制御、情報、通信、エネルギー、社会科学など 様々な研究分野をつないだ連携や融合に取り組んでいる。

2.CREST研究領域中間評価

2-1.評価報告書

「分散協調型エネルギー管理システム構築のための理論及び基盤技術の創出と融合展開」研究領域中間評価報告書

2-2.評価委員

◎新 誠一 電気通信大学情報理工学研究科 教授
 笹山 晋一 東京ガス株式会社 執行役員・総合企画部長
 七原 俊也 東京工業大学工学院 教授
 吉瀬 章子 筑波大学システム情報系 教授
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「分散協調型エネルギー管理システム構築のための理論及び基盤技術の創出と融合展開」研究領域中間評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望