数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索

1.研究領域の概要

 本研究領域は、数学研究者が社会的ニーズの高い課題の解決を目指して、諸分野の研究者と協働し、ブレークスルーの探索を行う研究を対象とした。謂わば21世紀におけるデカルト流の数学的真理とベーコン流の経験則の蓄積との統合を目指したものであった。

2.CREST研究領域事後評価

2-1.評価報告書

「数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索」研究領域事後評価報告書

2-2.評価委員

◎高橋 陽一郎    東京大学 名誉教授/京都大学 名誉教授
 薩摩 順吉     武蔵野大学工学部数理工学科 教授
 平田 典子     日本大学理工学部数学科 教授
 デイビス ピーター 株式会社テレコグニックス 代表取締役
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「数学と諸分野の協働によるブレークスルーの探索」研究領域事後評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望