プロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出

1.研究領域の概要

 本研究領域は、分子レベルにおける精緻なナノ構造、機能をマクロレベルの材料の構造、機能に繋げる方策を探り、ボトムアッププロセスでしか達成されない特異な構造、機能をそなえた自立した高機能ナノ構造体を創出することを目指した。

2.CREST研究領域事後評価

2-1.評価報告書

「プロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出」研究領域事後評価報告書

2-2.評価委員

◎小松 紘一 京都大学 名誉教授
 鈴木 啓介 東京工業大学大学院理工学研究科 教授
 多辺 由佳 早稲田大学先進理工学部応用物理学科 教授
 宮内 昭浩 株式会社日立製作所研究開発グループ材料イノベーションセンタ 主管研究員
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「プロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出」研究領域事後評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望