先端光源を駆使した光科学・光技術の融合展開

1.研究領域の概要

 本研究領域は、物質・材料、加工・計測、情報・通信、環境・エネルギー、ライフサイエンスなどの異なる分野で個別に行われている光利用研究開発ポテンシャルの連携、融合を加速し、「物質と光の係わり」に関する光科学・光技術におけるイノベーション創出基盤の形成を目指した。具体的には、高度な性能をもつ最先端レーザーに代表される各種の先端光源をブラックボックス化することなく、光源の特徴を徹底的に駆使した特色ある「物質と光の係わり」に関する研究を推進した。

2.CREST研究領域事後評価

2-1.評価報告書

「先端光源を駆使した光科学・光技術の融合展開」研究領域事後評価報告書

2-2.評価委員

◎中村 新男 公益財団法人豊田理化学研究所 フェロー/名古屋大学 名誉教授
 伊東 一良 大阪大学 名誉教授/大阪大学産学連携本部e-square 特任教授
 田和 圭子 関西学院大学理工学部 教授
 寺田 純雄 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 教授/脳統合機能研究センター 教授
 野本 和正 ソニー株式会社RDSプラットフォームデバイス&マテリアル研究開発本部 チーフUIデバイスリサーチャー/主幹技師
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「先端光源を駆使した光科学・光技術の融合展開」研究領域事後評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望