炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出

1.研究領域の概要

 本研究領域では、炎症が慢性化する機構を明らかにし、慢性炎症を早期に検出し、制御し、消退させ、修復する基盤技術の創出を目的とする。
 具体的には、(1)炎症制御の破綻機構を明らかにすることにより、炎症の慢性化を誘導、維持する因子を同定する、(2)炎症の慢性化によりどのようにして特定の疾患(がん、神経変性疾患、動脈硬化性疾患などを含む)が発症するのか、その機序を明らかにし、制御する基盤技術を創出する、(3)炎症の慢性化の早期発見および定量的な評価を可能にする基盤技術を創出する、などを目指した研究を対象とする。なかでも、従来の基礎のみ、あるいは臨床のみの研究ではなく、十分なエビデンスに基づいた知見を高次炎症調節機構の理解にまで昇華させ、新たな先制医療基盤技術の開発につなげられるような視点をもつ研究を重視する。

2.CREST研究領域中間評価

2-1.評価報告書

「炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出」研究領域中間評価報告書

2-2.評価委員

◎竹内 勤    慶應義塾大学病院 病院長
馬嶋 正隆    北里大学大学院医療系研究科 研究科長
三宅 幸子    順天堂大学大学院医学研究科 教授
宝方 達昭    アステラス製薬(株)研究本部 免疫研究ユニット長
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出」研究領域中間評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望