太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出

1.研究領域の概要

本研究領域は、太陽光エネルギーを電気エネルギーに直接変換する太陽光発電技術を対象とし、さらには太陽光エネルギーにより水素等を生成する化学燃料生成技術、電気エネルギーと化学燃料を同時に生成する技術等も含め、将来の独創的クリーンエネルギー生成に資する研究開発を行う。
具体的には、太陽光発電技術として、シリコン系、化合物薄膜型、色素増感型、有機薄膜型、新型超高効率系の太陽電池開発、太陽光利用による有用物質・エネルギー生成技術として、水素などの有用物質生成、有用物質とエネルギーの同時生成等に関する研究開発を対象とする。
また、本研究領域は、従来技術の延長線上の単なる高効率化、長寿命化を追うのではなく、材料探索、基礎物性解析等、光吸収、電荷分離、材料劣化等の基本に立ち返り、場合によっては全く新しい原理により動作する材料、デバイスを目指す等、独創的かつ将来的な波及効果が大きな研究開発を目指すものである。そのため、対象となる研究分野は、物質科学とデバイス物理が融合した分野であり、この領域でのブレークスルー技術を創出するため、物理学、化学、電子工学等の異分野の研究者の英知を結集し、最先端のナノテクノロジーも駆使しつつ、異分野融合による研究開発を促進する。

2.CREST研究領域中間評価の概要

2-1.評価報告書

「太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出」研究領域中間評価報告書

2-2.評価委員

◎松波 弘之 京都大学 名誉教授/SiCアライアンス 会長
近藤 道雄  (独)産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所 所長代理
太和田 善久 大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター 招聘教授
津田 信哉  三洋電機(株) 執行役員/パナソニック(株)R&D本部技術政策推進室 室長兼務
山下 晃一  東京大学工学系研究科化学システム工学専攻 教授
◎は委員長

2-3.研究領域評価用資料

「太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出」研究領域中間評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望