平成14年度採択分(平成15・16年度採択分を含む)

戦略的創造研究推進事業におけるCREST平成14年度採択研究課題ならびに
ナノバーチャルラボ採択研究課題の事後評価結果について

 戦略的創造事業本部では、この度、「戦略的創造研究推進事業(CREST)」における研究課題の事後評価を実施した。本評価は「基礎研究に係る課題評価の方法等に関する達」(平成15年10月1日 平成15年達第48号)に基づき行った。
 

1.事後評価の目的

 研究の実施状況、研究成果、波及効果等を明らかにし、今後の研究成果の展開及び事業運営の改善に資することを目的とする。
 

2.対象となる研究課題件数とこれらが属する領域等

(1)研究課題合計 126件(18領域)

(2)領域別の内訳
<平成14年度採択課題>
生物の発生・分化・再生 3件
植物の機能と制御 5件
たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム 6件
免疫難病・感染症等の先進医療技術 5件
情報社会を支える新しい高性能情報処理技術 4件
水の循環系モデリングと利用システム 6件
糖鎖の生物機能の解明と利用技術 6件
テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術 5件
シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築 5件
超高速・超省電力高性能ナノデバイス・システムの創製 10件
新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製 4件
高度情報処理・通信の実現に向けたナノファクトリーとプロセス観測 7件
高度情報処理・通信の実現に向けたナノ構造体材利用の制御と利用 7件
医療に向けた化学・生物系分子を利用したバイオ素子・システムの創製 6件
ソフトナノマシン等の高次機能構造体の構築と利用 8件
医療に向けた自己組織化等の分子配列制御による機能製材利用・システムの創製 10件
環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製 9件
エネルギーの高度利用に向けたナノ構造材料・システムの創製 9件
 
<平成15年度採択課題>
新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製 1件
高度情報処理・通信の実現に向けたナノファクトリーとプロセス観測 1件
医療に向けた化学・生物系分子を利用したバイオ素子・システムの創製 1件
ソフトナノマシン等の高次機能構造体の構築と利用 1件
環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製 1件
 
<平成16年度採択課題>
高度情報処理・通信の実現に向けたナノ構造体材利用の制御と利用 2件
医療に向けた化学・生物系分子を利用したバイオ素子・システムの創製 1件
ソフトナノマシン等の高次機能構造体の構築と利用 1件
環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製 1件
エネルギーの高度利用に向けたナノ構造材料・システムの創製 1件
 

3.研究実施期間

平成14年度採択課題:平成14年11月1日から平成19年10月31日まで(5年)
平成15年度採択課題:平成15年10月1日から平成19年9月30日まで(4年)
平成16年度採択課題:平成16年10月1日から平成19年9月30日まで(3年)
 ※ 終了時期を年度末(平成20年3月31日)まで延長した研究課題あり。
 

4.評価項目及び基準

(イ) 外部発表(論文、口頭発表等)、特許、研究を通じての新たな知見の取得等の研究成果の状況
(ロ) 得られた研究成果の科学技術への貢献
 

5.事後評価の進め方

 研究領域毎に研究総括が領域アドバイザー、必要に応じて機構が選任する外部の専門家の協力を得て、研究課題毎に、研究者との面談、研究実施場所での調査等により行った。なお、事後評価の進め方については下記の通りである。
 
1) 研究実施終了報告書を研究代表者が作成。(平成19年8月〜平成20年1月)
2)研究実施終了報告書を研究総括・領域アドバイザー等(評価者)に送付。(平成19年9月〜平成20年1月)
3) 研究領域毎に事後評価会を開催。(平成19年10月〜平成20年2月)
(1)研究代表者が実施内容、実施体制、成果等を説明。
(2)研究代表者と評価者との間で質疑応答。
4) 各評価者が事後評価記入票を作成。(平成19年10月〜平成20年3月)
5) 研究総括による事後評価結果報告書の作成。(平成19年10月〜平成20年3月)
(1)各評価者が作成した事後評価記入票を元に、研究総括が事後評価結果報告書案を作成。
(2)事後評価結果報告書案を被評価者へ提示し、意見交換。
(3)事後評価結果報告書を取りまとめ。
6) 戦略的創造事業本部が全研究領域の事後評価結果報告書をとりまとめ、研究主監会議等に報告すると共に一般に公開。(JSTホームページに掲載)
 

6.評価委員

研究領域毎の評価委員は、事後評価結果報告書に記載のとおりである。
 

7.評価報告書

研究領域毎の事後評価結果報告書に記載の通りである。

事後評価の対象となった研究領域名

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域