研究領域「太陽光を利用した独創的クリーンエネルギー生成技術の創出」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、太陽光エネルギーを電気エネルギーに直接変換する太陽光発電技術を対象とし、さらには太陽光エネルギーにより水素等を生成する化学燃料生成技術、電気エネルギーと化学燃料を同時に生成する技術等も含め、将来の独創的クリーンエネルギー生成に 資する研究開発を行います。
 具体的には、太陽光発電技術として、シリコン系、化合物薄膜型、色素増感型、有機薄膜型、新型超高効率系の太陽電池開発、太陽光利用による有用物質・エネルギー生成技術として、水素などの有用物質生成、有用物質とエネルギーの同時生成等に関する研究開発を対象とします。
 また、本研究領域は、従来技術の延長線上の単なる高効率化、長寿命化を追うのではなく、材料探索、基礎物性解析等、光吸収、電荷分離、材料劣化等の基本に立ち返り、場合によっては全く新しい原理により動作する材料、デバイスを目指す等、独創的かつ将来的な波及効果が大きな研究開発を目指すものです。そのため、対象となる研究分野は、物質科学とデバイス物理が融合した分野であり、この領域でのブレークスルー技術を創出するため、物理学、化学、電子工学等の異分野の研究者の英知を結集し、最先端のナノテクノロジーも駆使しつつ、異分野融合による研究開発を促進します。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成23年度採択研究課題

(1)金光 義彦 (京都大学 化学研究所 教授)
集光型ヘテロ構造太陽電池における非輻射再結合損失の評価と制御

(2)野田 進 (京都大学 大学院工学研究科 教授)
フォトニック・ナノ構造を活用した新しい光マネジメント技術の開発

(3)本間 敬之 (早稲田大学 先進理工学部 教授)
固液界面反応設計による新規高純度シリコン材料創製プロセスの構築

平成22年度採択研究課題 (1年延長課題)

(1)片桐 裕則 (長岡工業高等専門学校 電気電子システム工学科 教授)
Next次世代を目指す化合物薄膜太陽電池の高性能化

(2)山田 容子 (奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 教授)
革新的塗布型材料による有機薄膜太陽電池の構築

2-3.事後評価会の実施時期

平成26年10月18日(火)

2-4.評価者

研究総括
山口 真史 豊田工業大学 スマートエネルギー技術研究センター シニア研究スカラ
領域アドバイザー
勝本 信吾 東京大学 物性研究所 ナノスケール物性研究部門 教授
田中 誠 パナソニック(株)エコソリューションズ社 コア技術センター 主幹
錦谷 禎範 早稲田大学 大学院先進理工学研究科 教授
長谷川 美貴 青山学院大学 理工学部 教授
林 豊 豊田工業大学 工学部 招聘研究員
元廣 友美 (株)豊田中央研究所 リサーチ・アドバイザー
外部評価者
該当なし

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A 期待通りの成果が得られている
B 成果がやや不足している
C 成果が著しく不足している

※所属および役職は評価時点のものです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望