研究領域「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

本研究領域は、脳神経回路の発生・発達・再生の分子・細胞メカニズムを解明し、さらに個々の脳領域で多様な構成要素により組み立てられた神経回路がどのように動作してそれぞれに特有な機能を発現するのか、それらの局所神経回路の活動の統合により、脳が極めて全体性の高いシステムをどのようにして実現するのかを追求します。また同時に、これらの研究を基盤として、脳神経回路の形成過程と動作を制御する技術の創出を目指します。
具体的には、神経回路の構成素子である神経細胞及び神経回路の形成・動作に大きな影響を与えるグリア細胞の発生・分化・再生・標的認識・移動に関する分子機構の解明、特異的発現分子や蛍光タンパク質を用いた特定神経細胞の可視化/多数の神経細胞の活動の同時記録/ケージド化合物による局所刺激法等の新技術の結集による神経回路の動作様式の解明、モデル動物を用いたネットワークレベル/システムレベルの研究と分子・細胞レベルでのシナプス伝達の調節機構との研究の組み合わせにより脳の高次機能とシナプスの機能変化との関連を明確にする研究、臨界期や障害後の神経回路再編成のメカニズムの解明とそれらの制御法に関する研究、などが含まれます。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成21年度採択研究課題

(1)岡本 仁((独)理化学研究所脳科学総合研究センター・副センター長)
手綱核による行動・学習の選択機構の解明(146KB)

(2)川口 泰雄(自然科学研究機構生理学研究所・教授)
大脳領域間結合と局所回路網の統合的解析(149KB)

(3)後藤 由季子(東京大学大学院薬学系研究科・教授)
神経幹細胞の分化ポテンシャル制御による神経回路構成素子の形成メカニズム(151KB)

(4)高橋 智幸(同志社大学生命医科学部・教授)
シナプス前性神経回路制御メカニズムの生後発達(149KB)

(5)古川 貴久(大阪大学蛋白質研究所・教授)
網膜神経回路のシナプス形成と生理機能発現の解析(132KB)

(6)松崎 政紀(自然科学研究機構基礎生物学研究所・教授)
最先鋭技術で探る運動皮質回路の時空間表現と光制御(149KB)

(7)虫明 元(東北大学大学院医学系研究科・教授)
中枢神経系局所回路の状態遷移としての動的情報変換の解明(163KB)

(8)森 憲作(東京大学大学院医学系研究科・教授)
匂いで誘起される意欲・情動行動の神経回路機構(155KB)

(9)柚﨑 通介(慶應義塾大学医学部・教授)
成熟脳におけるシナプス形成機構の解明と制御(162KB)

2-3.事後評価会の実施時期

平成26年12月10日(水)

2-4.評価者

研究総括
小澤 瀞司 高崎健康福祉大学健康福祉学部 教授
領域アドバイザー
伊佐 正 自然科学研究機構生理学研究所 教授
岡部 繁男 東京大学大学院医学系研究科 教授
木村 實 玉川大学脳科学研究所 所長
工藤 佳久 東京薬科大学 名誉教授
東京医科大学八王子医療センター 客員教授
久場 健司 名古屋大学 名誉教授
津田 一郎 北海道大学電子科学研究所 教授
西澤 正豊 新潟大学脳研究所 教授
本間 さと 北海道大学大学院医学研究科 特任教授
和田 圭司 (独)国立精神・神経医療研究センター神経研究所 部長
外部評価者
該当なし

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A  期待通りの成果が得られている
B  成果がやや不足している
C  成果が著しく不足している

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望