研究領域「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域では、植物の光合成能力の増強を図るとともに、光合成産物としての各種のバイオマスを活用することによって、二酸化炭素を資源として利活用するための基盤技術の創出を目的とします。
 具体的には、植物の物質生産能力の基本である光合成の制御機構を光合成産物の代謝や転流、及び窒素同化などとの相互作用も含めて統合的に理解し、それに基づいて光合成能力を向上させる基盤技術についての研究を推進します。また、植物の多様な環境への適応機構の解明に基づいた光合成能力向上や炭素貯留能向上、及び有用バイオマス産生のための基盤技術の創出を目指します。さらには、植物の物質生産能力を最大限に活用するためのバイオマス生合成・分解機構の理解とその活用技術の研究を推進します。これらの研究を推進するにあたり、二酸化炭素を資源化する革新的技術の開発までを見据えた、植物科学研究とバイオマス利活用研究の連携や融合にも取り組みます。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成23年度採択研究課題

(1)鹿内 利治 (京都大学 大学院理学研究科 教授)
   構造と進化の理解に基づく光合成の環境適応能力の強化

(2)田中 歩 (北海道大学 低温科学研究所 教授)
   葉緑体機能改変によるステイグリーン植物の創出

(3)彦坂 幸毅 (東北大学 大学院生命科学研究科 教授)
   将来の地球環境において最適な光合成・物質生産システムをもった強化植物の創出

(4)渡辺 隆司 (京都大学 生存圏研究所 教授)
   電磁波応答性触媒反応を介した植物からのリグニン系機能性ポリマーの創成

2-3.事後評価会の実施時期

平成28年12月17日(土)

2-4.評価者

研究総括
磯貝 彰 奈良先端科学技術大学院大学 名誉教授
領域アドバイザー
坂 志朗 京都大学 大学院エネルギー科学研究科 教授
佐々木 卓治 東京農業大学 総合研究所 教授
佐藤 文彦 京都大学 大学院生命科学研究科 教授
篠崎 一雄 理化学研究所 環境資源科学研究センター センター長
田中 良和 サントリーグローバルイノベーションセンター(株)研究部 上席研究員
土肥 義治 (公財)高輝度光科学研究センター 理事長
西澤 直子 石川県立大学 生物資源工学研究所 特任教授
長谷 俊治 大阪大学 海外拠点本部欧州センター 特任教授/センター長
東山 哲也 名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI拠点)教授
福田 裕穂 東京大学 大学院理学系研究科 研究科長/教授
山谷 知行 東北大学 研究推進本部 特任教授
外部評価者
該当なし

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A 期待通りの成果が得られている
B 成果がやや不足している
C 成果が著しく不足している

※所属および役職は評価時点のものです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望