研究領域「海洋生物多様性および生態系の保全・再生に資する基盤技術の創出」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域では、海洋の生物多様性および生態系を把握するための先進的な計測技術と将来予測に資するモデルの研究開発を行い、これらを保全・再生するために必要な基盤技術を創出することを目的とします。
 具体的には、海洋の生物多様性および生態系の研究で現在ボトルネックとなっている、環境を含む生物データの取得技術とその将来予測に注目し、(1)海洋生物やその周辺環境の広域・連続的なセンシング・モニタリング技術、生物種の定量把握や同定の効率化、および生態系ネットワークの解明等による基盤的な生物・環境データの集積に資する先進的な技術等の開発、(2)生態系や生物多様性の変動を把握し、生態系の将来予測に貢献する新規モデルの開発、研究を対象とします。(1)、(2)いずれの研究においても対象とする生物群集や現象等を明確にする必要があります。また開発ターゲットに即した海洋現場での調査・モニタリングによる実証が要求されるため、その分野の研究者との共同研究を行うことも必要です。ただし、調査観測やモニタリングのみの研究は対象としません。
 従来の海洋研究の壁を乗り越えるため、工学やライフサイエンス等を専門とする幅広い分野の研究者と海洋生物・生態研究者との共同研究を重視します。
 このような研究を通して、生物への影響を考慮した海洋資源の持続的な利用や海洋保護区の設定などの海洋環境保全策の提示に貢献することが期待されます。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成23年度採択研究課題

(1)赤松 友成 (水産研究・教育機構 中央水産研究所 主任研究員)
海洋生物の遠隔的種判別技術の開発

(2)浦 環 (九州工業大学 社会ロボット具現化センター 特別教授)
センチメートル海底地形図と海底モザイク画像を基礎として生物サンプリングをおこなう自律型海中ロボット部隊の創出

(3)木暮 一啓 (東京大学 大気海洋研究所 教授)
超高速遺伝子解析時代の海洋生態系評価手法の創出

(4)五條堀 孝 (情報システム研究機構 国立遺伝学研究所 特任教授)
Digital DNA chipによる生物多様性評価と環境予測法の開発

(5)山中 康裕 (北海道大学 大学院地球環境科学研究院 教授)
植物プランクトン群集の多様性に注目したナウキャスト技術開発

平成24年度採択研究課題

(1)岡村 寛 (水産・教育研究機構 中央水産研究所 グループ長)
海洋生態学と機械学習法の融合によるデータ不足下の生態系評価手法の開発

2-3.事後評価会の実施時期

平成28年12月5日(月)

2-4.評価者

研究総括
小池 勲夫 東京大学 名誉教授
領域アドバイザー
青木 一郎 東京大学 名誉教授
岸 道朗 北海道大学 名誉教授
黒川 顕 情報システム研究機構 国立遺伝学研究所 教授
中田 薫 水産研究・教育機構 水産大学校 理事
西田 睦 琉球大学 理事/副学長
藤井 輝夫 東京大学 生産技術研究所 教授
松田 裕之 横浜国立大学 環境情報研究院 教授
三宅 亮 東京大学 大学院工学研究科 教授
安岡 善文 東京大学 名誉教授
矢原 徹一 九州大学 大学院理学研究院 教授
和田 英太郎 京都大学 名誉教授
外部評価者
瀧澤 美奈子 (有)帝国出版リンデン
古川 恵太 笹川平和財団 海洋政策研究所 海洋研究調査部 部長
(書面評価のみ)

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A 期待通りの成果が得られている
B 成果がやや不足している
C 成果が著しく不足している

※所属および役職は評価時点のものです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望