研究領域「エネルギー高効率利用のための相界面科学」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、豊かな持続性社会の実現に向けて、エネルギー利用の飛躍的な高効率化を実現するため、エネルギー変換・輸送に関わる相界面現象の解明や高機能相界面の創成などの基盤的科学技術の創出を目的としている。
 具体的には、様々な相界面現象の基礎学理や制御・最適化技術を深化させることによって、エネルギー損失の大幅な減少を可能とする相界面、あるいは、高効率エネルギー利用のための新たな高機能相界面を創造することに挑戦する。そのためには、ナノ、メソ、マクロといった異なるスケールの現象を統合的に解析・ 設計するための技法、相界面構造を制御・最適化するための理論的手法などを開拓することなどが必要である。さらに、これらの先端的な基礎研究の成果を、実際の機器やシステムの設計に効果的に適用し、それらの飛躍的性能向上、低炭素化、低コスト化に繋げることが重要である。
 本研究領域では、機械、化学、物理等の多様な分野の研究者による専門分野を超え、あるいは異なる分野の科学的知識を融合し、Science及びEngineering Scienceの両面からのアプローチを行う。それにより、エネルギーの高効率利用に向けた相界面におけるエネルギー変換・輸送機構の解明、マルチスケールの相界面現象を総合的に解析・設計するための計測、モデリング、シミュレーション技術の開発、相界面構造を制御・最適化するための数理科学的な手法などの基盤技術を創出するとともに、機器やデバイスの理論的最高性能を実現するための高機能相界面を創成することを最終目標とする。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成23年度採択研究課題

(1)川田 達也 (東北大学 大学院環境科学研究科 教授)
実環境計測に基づく高温電極の界面領域エンジニアリング

(2)古山 通久 (九州大学 稲盛フロンティア研究センター 教授)
固体酸化物形燃料電池電極の材料・構造革新のためのマルチスケール連成解析基盤

(3)高田 保之 (九州大学 大学院工学研究院 教授)
固気液相界面メタフルイディクス

(4)陳 明偉 (東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授)
界面科学に基づく次世代エネルギーへのナノポーラス複合材料開発

2-3.事後評価会の実施時期

平成28年10月17日(月)、18日(火)
※平成25年度採択研究課題に関する中間評価会と併せ、2日間に渡り実施した。

2-4.評価者

研究総括
花村 克悟 東京工業大学 工学院 教授
領域アドバイザー
江口 浩一 京都大学 大学院工学研究科 教授
岡崎 健 東京工業大学 特命教授
加藤 千幸 東京大学 生産技術研究所 教授
(書類審査のみ)
栗原 和枝 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授
斎川 路之 (一財)電力中央研究所 エネルギー技術研究所 副研究参事
(書類審査のみ)
萩原 剛 (株)東芝 エネルギーシステムソリューション社 原子力事業部 参事
宮野 健次郎 物質・材料研究機構 フェロー
吉田 真 (株)京セラメディカル 代表取締役副社長
渡辺 政廣 山梨大学 特命教授
外部評価者
魚崎 浩平 物質・材料研究機構 フェロー
岡島 博司 (株)トヨタ自動車 先進技術統括部 主査
(書面評価のみ)
金村 聖志 首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 教授
佐藤 勝昭 科学技術振興機構 研究広報主監/東京農工大学 名誉教授
山田 明 東京工業大学 工学院 教授

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A 期待通りの成果が得られている
B 成果がやや不足している
C 成果が著しく不足している

※所属および役職は評価時点のものです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望