研究領域「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、次々世代(次世代スーパーコンピュータ「京」の次の世代)あるいはそれ以降のスーパーコンピューティングに資する、システムソフトウェアやアプリケーション開発環境等の基盤技術の創出を目指すものです。
 具体的には、2010年代半ば以降に多用される、メニーコア化された汎用型プロセッサや専用プロセッサ(現在、GPGPUと呼ばれるものを含む)を用いて構成されるスーパーコンピュータの特徴を生かし、その上で実行されるアプリケーションを高効率・高信頼なものにするシステムソフトウェア(プログラミング言語、コンパイラ、ランタイムシステム、オペレーティングシステム、通信ミドルウェア、ファイルシステム等)、アプリケーション開発支援システム、超大規模データ処理システムソフトウェア等に関する、実用性を見据えた研究開発を対象とします。また、実用上の観点からそれらのソフトウェアレイアをまたがる研究開発が奨励されます。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成23年度採択研究課題

(1)塩谷 隆二 (東洋大学 総合情報学部 教授)
ポストペタスケールシミュレーションのための階層分割型数値解法ライブラリ開発

(2)滝沢 寛之 (東北大学 サイバーサイエンスセンター 教授)
進化的アプローチによる超並列複合システム向け開発環境の創出

(3)千葉 滋 (東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授)
ポストペタスケール時代のスーパーコンピューティング向けソフトウェア開発環境

(4)南里 豪志 (九州大学 情報基盤研究開発センター 准教授)
省メモリ技術と動的最適化技術によるスケーラブル通信ライブラリの開発

(5)藤澤 克樹 (九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 教授)
ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤

平成22年度採択研究課題 (1年延長課題)

(1)建部 修見 (筑波大学 計算科学研究センター 教授)
ポストペタスケールデータインテンシブサイエンスのためのシステムソフトウェア

2-3.事後評価会の実施時期

平成29年1月11日(水)

2-4.評価者

研究総括
佐藤 三久 理化学研究所 計算科学研究機構 副プロジェクトリーダー
領域アドバイザー
石川 裕 理化学研究所 計算科学研究機構 プロジェクトリーダー
久門 耕一 (株)富士通研究所 取締役
河野 健二 慶應義塾大学 理工学部 教授
小林 広明 東北大学 サイバーサイエンスセンター センター長
下條 真司 大阪大学 サイバーメディアセンター 教授
高橋 桂子 海洋研究開発機構 地球情報基盤センター センター長
中川 八穂子 (株)日立製作所 研究開発グループ テクノロジーイノベーション統括本部 情報通信イノベーションセンタ シニアプロジェクトマネージャ
中島 浩 京都大学 学術情報メディアセンター センター長
牧野 淳一郎 神戸大学 大学院理学研究科 教授
松岡 聡 東京工業大学 学術国際情報センター 教授
外部評価者
該当なし

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A 期待通りの成果が得られている
B 成果がやや不足している
C 成果が著しく不足している

※所属および役職は評価時点のものです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望