研究領域「アレルギー疾患・自己免疫疾患などの発症機構と治療技術」

1.研究領域の概要

アレルギー疾患や自己免疫疾患を中心とするヒトの免疫疾患を予防・診断・治療することを目的に、免疫システムを適正に機能させる基盤技術の構築を目指す研究を対象としています。
アレルギー疾患や自己免疫疾患を中心とする疾患には国民のQOLを低下させるとされるものから重篤な場合は死に至るものまであります。このような疾患についてこれまでに深められてきた分子、細胞、器官・組織といったレベルにおける免疫機構や制御に関する理解を個体レベルの高次調節免疫ネットワークシステムの理解へと発展させ、臨床応用へとつないでいきます。
具体的な研究課題としては、制御性細胞による免疫調節機構、粘膜免疫系・自己免疫系・獲得免疫系・自然免疫系の構築機構とその制御、自己免疫疾患・アレルギー疾患の発症機構、免疫と感染制御機構、疾患に対する薬剤・ワクチンなどの開発と効果測定、疾患の診断・治療法の確立、などが含まれます。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成20年度採択研究課題

(1)岩倉 洋一郎(東京理科大学 生命医科学研究所 教授)
IL-17ファミリー分子、C型レクチンを標的とした自己免疫・アレルギー疾患の発症機構の解明と治療薬の開発(195KB)

(2)樗木 俊聡(東京医科歯科大学 難治疾患研究所 教授)
樹状細胞制御に基づく粘膜免疫疾患の克服(158KB)

(3)高井 俊行(東北大学 加齢医学研究所 教授)
受容体制御による新しい免疫療法の構築(164KB)

(4)長田 重一(京都大学 大学院医学研究科 教授)
アポトーシス細胞の貪食・分解とその異常(158KB)

(5)平野 俊夫(大阪大学 総長)
臓器特異的自己免疫疾患・炎症疾患の制御機構の理解とその人為的制御(170KB)

(6)福井 宣規(九州大学 生体防御医学研究所 教授)
細胞骨格制御シグナルを標的とした免疫難病治療の新戦略(159KB)

(7)吉村 昭彦(慶應義塾大学 医学部 教授)
細胞内シグナル制御による免疫リプログラミング(150KB)

2-3.事後評価会の実施時期

平成25年10月24日(木)

2-4.評価者

研究総括
菅村 和夫 宮城県立病院機構 理事長
領域アドバイザー
斉藤 隆 (独)理化学研究所 統合生命医科学研究センター 副センター長
坂口 志文 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特別教授
渋谷 和子 筑波大学 医学医療系 准教授
高津 聖志 富山県薬事研究所 所長
富山大学 医学薬学研究部 客員教授
徳久 剛史 千葉大学 理事
能勢 眞人 愛媛大学 名誉教授
花井 陳雄 協和発酵キリン株式会社 代表取締役社長
宮坂 信之 東京医科歯科大学 名誉教授
外部評価者
垣生 園子 順天堂大学 大学院医学研究科 客員教授

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A  期待通りの成果が得られている
B  成果がやや不足している
C  成果が著しく不足している

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望