研究領域「人工多能性幹細胞(iPS細胞)作成・制御等の医療基盤技術」 事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

本研究領域は、近年著しい進歩の見られる、iPS細胞を基軸とした細胞リプログラミング技術の開発に基づき、当該技術の高度化・簡便化を始めとして、モデル細胞の構築による疾患発症機構の解明、新規治療戦略、疾患の早期発見などの革新的医療に資する基盤技術の構築を目指す研究を対象とするものです。
具体的には、ゲノミクス・染色体構造・エピジェネティクス解析を通じたリプログラムおよび細胞分化機構の研究、遺伝子導入の制御などの研究、リプログラムを誘導する化合物のハイスループットスクリーニングを行う研究、先天性疾患の患者細胞から作製された多能性幹細胞を用い疾患発症機構の解明を目指す研究などが含まれます。
さらには、こうした幹細胞研究と病態研究等の統合による、これまでにない新規治療法や予防医療の開発に繋がる研究も対象とします。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成20年度採択研究課題

(1)石井 俊輔((独)理化学研究所 上席研究員)
胚細胞ヒストンによるリプログラミング機構(125KB)

(2)岩間 厚志(千葉大学大学院医学研究院 教授)
造血幹細胞のエピジェネティクスとその制御法の創出(155KB)

(3)奥田 晶彦(埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 教授)
iPS細胞誘導の為の分子基盤の解明による安全性の確保(147KB)

(4)押村 光雄(鳥取大学染色体工学研究センター 教授)
ヒト人工染色体を用いたiPS細胞の作製と遺伝子・再生医療(151KB)

(5)佐谷 秀行(慶應義塾大学医学部 教授)
人工癌幹細胞を用いた分化制御異常解析と癌創薬研究(152KB)

(6)篠原 隆司(京都大学大学院医学研究科 教授)
精子幹細胞のリプログラミング機構の解明と医学応用の可能性の検討(134KB)

(7)千住 覚(熊本大学大学院生命科学研究部 准教授)
iPS細胞由来の樹状細胞とマクロファージを用いた医療技術の開発(153KB)

(8)丹羽 仁史((独)理化学研究所発生・再生科学総合研究センター プロジェクトリーダー)
分化細胞に多能性を誘導する転写因子ネットワークの構造解析(144KB)

(9)米田 悦啓(大阪大学大学院生命機能研究科 教授)
人工染色体を用いた新たな細胞リプログラミング技術開発(138KB)

2-3.事後評価会の実施時期

平成25年11月28日(木)

2-4.評価者

研究総括
須田 年生 慶應義塾大学医学部 教授
領域アドバイザー
佐々木 裕之 九州大学生体防御医学研究所 教授
塩見 美喜子 東京大学大学院理学系研究科 教授
高井 義美 神戸大学大学院医学系研究科 教授
竹市 雅俊 (独)理化学研究所発生・再生科学総合研究センター センター長
仲野 徹 大阪大学大学院生命機能研究科・大学院医学系研究科 教授
林崎 良英 (独)理化学研究所社会知創成事業 プログラムディレクター
宮園 浩平 東京大学大学院医学系研究科 教授
外部評価者
中西 理 (独)医薬基盤研究所創薬支援戦略室西日本統括部 部長
以上

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望