研究領域「ナノ界面技術の基盤構築」 事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

本研究領域は、異種材料・異種物質状態間の界面をナノスケールの視点で扱う研究分野が集結することによりナノ界面機能に関する横断的な知識を獲得するとともに、これを基盤としたナノレベルでの理論解析や構造制御により飛躍的な高機能を有する革新的材料、デバイス、技術の創出を目指すものである。
具体的な研究対象としては、エレクトロニクス、エネルギー変換用デバイスにおける有機材料と金属・半導体などとの界面、環境浄化触媒や機能制御膜などにおける表面・界面、ナノバイオ医療用の生体材料と人工物との界面などが対象となる。さらには、物質・材料の生成プロセスを利用した、または、ソフト構造体を鋳型とした無機系物質のナノ構造体の創製なども機能界面の利用という視点で研究対象に含まれる。また、ナノスケール材料の生体安全性に関する知見の蓄積、例えば、ナノ粒子の細胞膜上での挙動なども主要な研究の方向性の一つである。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成20年度採択研究課題(1)~(5)

(1)一ノ瀬 泉((独)物質・材料研究機構高分子材料ユニット ユニット長)
界面ナノ細孔での液体の巨視的物性の解明(172KB)

(2)小江 誠司(九州大学大学院工学研究院 教授)
水素活性化アクア触媒界面による常温・常圧エネルギー変換(181KB)

(3)栗原 和枝(東北大学原子分子材料科学高等研究機構 教授)
表面力測定によるナノ界面技術の基盤構築(184KB)

(4)櫻井 和朗(北九州市立大学国際環境工学部 教授)
DDS粒子のナノ界面と鳥インフルエンザワクチン等への応用(181KB)

(5)松本 和彦(大阪大学産業科学研究所 教授)
量子界面制御による量子ナノデバイスの実現(167KB)

追加支援対象研究課題(6)、(7)

(6)君塚 信夫(九州大学 大学院工学研究院・主幹教授)
自己組織化に基づくナノインターフェースの統合構築(187KB)

(7)藤田 誠(東京大学大学院工学系研究科 教授)
自己組織化有限ナノ界面の化学(221KB)

2-3.事後評価会の実施時期

平成25年10月21日(月)(一ノ瀬、栗原、櫻井、松本)
平成26年 1月14日(火)(小江、君塚、藤田)

2-4.評価者

研究総括
新海 征治 崇城大学工学部ナノサイエンス学科 教授
領域アドバイザー
今榮 東洋子 国立台湾科技大学精誠栄誉学院行程技術研究所 講座教授
川合 眞紀 (独)理化学研究所 理事
久保 佳実 (独)物質・材料研究機構ナノ材料科学環境拠点 運営統括室長
二瓶 好正 東京理科大学 特別顧問
原口 和敏 (財)川村理化学研究所 所長
原田 明 大阪大学大学院理学研究科 教授
舛本 泰章 筑波大学大学院数理物質系 教授
松田 武久 金沢工業大学ゲノム生物工学研究所 教授
水野 哲孝 東京大学大学院工学系研究科 教授
宮野 健次郎 (独)物質・材料研究機構若手国際研究センター フェロー・センター長
渡會 仁 大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター 招聘教授
外部評価者
該当なし
以上

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望