研究領域「エネルギー高効率利用のための相界面科学」 中間評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、豊かな持続性社会の実現に向けて、エネルギー利用の飛躍的な高効率化を実現するため、エネルギー変換・輸送に関わる相界面現象の解明や高機能相界面の創成などの基盤的科学技術の創出を目的としている。
 具体的には、様々な相界面現象の基礎学理や制御・最適化技術を深化させることによって、エネルギー損失の大幅な減少を可能とする相界面、あるいは、高効率エネルギー利用のための新たな高機能相界面を創造することに挑戦する。そのためには、ナノ、メソ、マクロといった異なるスケールの現象を統合的に解析・ 設計するための技法、相界面構造を制御・最適化するための理論的手法などを開拓することなどが必要である。さらに、これらの先端的な基礎研究の成果を、実際の機器やシステムの設計に効果的に適用し、それらの飛躍的性能向上、低炭素化、低コスト化に繋げることが重要である。
 本研究領域では、図に示したように、機械、化学、物理等の多様な分野の研究者による専門分野を超え、あるいは異なる分野の科学的知識を融合し、Science及びEngineering Scienceの両面からのアプローチを行う。それにより、エネルギーの高効率利用に向けた相界面におけるエネルギー変換・輸送機構の解明、マルチスケールの相界面現象を総合的に解析・設計するための計測、モデリング、シミュレーション技術の開発、相界面構造を制御・最適化するための数理科学的な手法などの基盤技術を創出するとともに、機器やデバイスの理論的最高性能を実現するための高機能相界面を創成することを最終目標とする。

2.中間評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける中間評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成24年度採択研究課題

(1)安部 武志(国立大学法人京都大学 大学院工学研究科 教授)

多孔性電極中のイオン輸送現象の解明と高出入力電池への展開

(2)早瀬 修二(国立大学法人 九州工業大学 生命体工学研究科 教授)

酸化物半導体プリカーサーを用いる相互侵入型無機・有機(無機)バルクヘテロナノ界面の一括構築と太陽電池への応用

(3)宮武 健治(国立大学法人山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 教授)

革新的アニオン導電性高分子を用いた三相界面の創製とアルカリ形燃料電池への展開

(4)山下 晃一(国立大学法人 東京大学 工学系研究科 教授)

エネルギー変換計算科学による相界面光誘起素過程の設計

2-3.中間評価会の実施時期

平成27年11月13日(金曜日)
再審査 平成28年1月30日(土曜日)

2-4.評価者(所属は平成28年1月時点)

研究総括
花村 克悟 東京工業大学 大学院理工学研究科 教授
研究総括
橋本 和仁 物質・材料研究機構 理事長
領域アドバイザー
江口 浩一 京都大学 大学院工学研究科 教授
岡崎 健 東京工業大学 特命教授
加藤 千幸 東京大学 生産技術研究所 教授
栗原 和枝 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 教授
斎川 路之 電力中央研究所 エネルギー技術研究所 副研究参事
萩原 剛 (株)東芝 電力・社会システム技術開発センター 企画・管理室室長
宮野 健次郎 物質・材料研究機構 フェロー
吉田 真 (株)京セラ 部品研究開発統括部 統括部長
渡辺 政廣 山梨大学 社会連携・研究支援機構 特任教授
外部評価者
魚崎 浩平 物質・材料研究機構 フェロー
金村 聖志 首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 教授(書類審査のみ)
佐藤 勝昭 科学技術振興機構 研究広報主監 / 東京農工大学 名誉教授
山田 明 東京工業大学 大学院理工学研究科 教授
吉田 英生 京都大学 大学院工学研究科 教授

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域