研究領域「超空間制御に基づく高度な特性を有する革新的機能素材等の創製」 中間評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、21世紀の人類社会が直面する環境・資源・エネルギー・医療・健康等の諸課題を解決するために、空間空隙を有する物質の次元、形状、大きさ、組成、規則性、結晶性、および界面を高度設計する超空間制御技術を構築し、既存材料・技術では到達困難な革新的機能素材等の創製を目的とします。
 具体的には、エネルギー(原料)や化学資源の貯蔵、輸送、分離、(触媒的)物質変換、エネルギーの高効率利用、環境汚染物質の低減・除去、生活水の獲得、さらに医療・健康に関わる素材において、実現されていない”あらまほしき高度の機能・物性”の発現を目的として、物質を構成する原子・分子の配置と結合によって生じる空間空隙構造を高度設計・制御すること、すなわち、超空間制御により、十分に差異化された革新的機能素材等の創製を目指した研究開発を推進します。
 ポーラス材料、メソポーラス材料、層状構造物質、かご状構造物質、ナノチューブ、高分子、超分子、生体分子、構造材料などの一般的な空間空隙材料に限らず、空間空隙が機能発現の場となりうる物質・材料を研究対象とします。化学、物理、生物学、工学、計算科学、計測技術等の異分野間の知見を融合したチーム体制のもと、単なる基礎研究ではなく、世界でダントツの素材・製品につながる機能・物性が発現し産業化の端緒となる研究課題を推奨します。

2.中間評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける中間評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成25年度採択研究課題

(1)植村 卓史 (京都大学 大学院工学研究科 准教授)

テーラーメイドナノ空間設計による高機能高分子材料の創製

(2)手嶋 勝弥 (信州大学 環境・エネルギー材料科学研究所 研究所長/教授)

超イオン伝導パスを拓く階層構造による結晶相界面デザイン

(3)野崎 京子 (東京大学 大学院工学系研究科 教授)

極性基含有ポリプロピレン:触媒開発と樹脂設計

(4)松方 正彦 (早稲田大学 理工学術院先進理工学研究科 教授)

精密分子ふるい機能の高度設計に基づく無機系高機能分離材料の創製

2-3.中間評価会の実施時期

平成28年11月4日(金曜日)

2-4.評価者

研究総括
瀬戸山 亨 三菱化学(株)執行役員フェロー/(株)三菱化学科学技術研究センター 瀬戸山研究室長

領域アドバイザー
猪俣 誠 日揮(株)プロセス技術本部 特別理事
上田 渉 神奈川大学 工学部 教授
北川 宏 京都大学 大学院理学研究科 教授/理事補(研究担当)
黒田 一幸 早稲田大学 理工学術院先進理工学研究科 教授
駒谷 隆志 三菱エンジニアリングプラスチックス(株)執行役員
佐々木 高義 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 フェロー
多辺 由佳 早稲田大学 理工学術院先進理工学研究科 教授
千葉 雅俊 田辺三菱製薬(株)CMC本部 CMC企画部長
土井 正男 北京航空航天大学 ディレクター/教授
堂免 一成 東京大学 大学院工学系研究科 教授
中山 智弘 科学技術振興機構 研究開発戦略センター エキスパート
原田 宏昭 日産財団 常務理事/事務局長
平野 愛弓 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 主任研究者/電気通信研究所 教授

外部評価者
該当なし

※所属および役職は評価時点のものです。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域