量子情報処理システムの実現を目指した新技術の創出

1.研究領域の概要

 本研究領域は、ミクロの世界で観測される量子力学的現象を制御し、記憶、演算などの情報処理を行うシステムへ展開していくための基盤となる新しい技術の創出を目指す研究を対象とした。
 具体的には、光・電子・原子・原子核など様々な系を対象として、量子効果に基づく基本的なデバイスや多量子ビット化の技術、量子情報の伝送技術や中継技術、さらにそれらの基盤となる要素研究、例えば量子もつれ現象の制御・観測に関する研究等に関して、シミュレーションを含めた実証的な研究を行った。

2.CREST研究領域追跡評価

2-1.評価報告書

「量子情報処理システムの実現を目指した新技術の創出」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎佐々田 博之 慶應義塾大学理工学部 教授
 今井 浩 東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
 田村 泰孝 株式会社富士通研究所 フェロー
 村尾 美緒 東京大学大学院理学系研究科 教授
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「量子情報処理システムの実現を目指した新技術の創出」追跡評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域