水の循環系モデリングと利用システム

1.研究領域の概要

この研究領域は、グローバルスケールあるいはリージョナルスケールにおいて、大気・陸域・海域における水の循環の諸過程を明らかにし、水循環モデルの構築を目指すとともに、社会における持続可能で効率的な水利用システムに関する研究を対象とするものである。
具体的には、気候変動にともなう水資源分布の変化、人間活動が水循環に及ぼす影響に関する研究に加え、水資源の維持・利用、水循環の変化が社会システムに及ぼす影響の予測、生態系環境を維持・保全・回復する水の機能等に関する研究等が含まれている。

2.CREST研究領域追跡評価

2-1.評価報告書

「水の循環系モデリングと利用システム」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎宮﨑 毅  東京大学 名誉教授
宮 晶子   水ing(株)技術・開発本部 執行役員 技術・開発統括
渡辺 義公  中央大学研究開発機構 教授
春山 成子  三重大学大学院生物資源学研究科 教授
石坂 丞二  名古屋大学地球水循環研究センター センター長・教授
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「水の循環系モデリングと利用システム」追跡評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望