たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム

1.研究領域の概要

この研究領域は、生命活動の中心的役割を担うたんぱく質の構造及び機能を明らかにしつつ、応用の可能性を探索する研究を対象とするものである。
具体的には、たんぱく質の構造解析の高度化並びにたんぱく質の動的な構造変化に立脚する触媒活性や代謝調節、情報伝達等の生体反応、発生、免疫、神経系、環境適応等の高次の生命現象のメカニズムの解明とその医療、診断技術、物質生産への応用、変性・再生等の動的な構造と物性の変化の解析とその制御や改良技術の展開、これら研究に資する新たな測定技術や研究手法の開拓を目指す研究等も含まれている。

2.CREST研究領域追跡評価

2-1.評価報告書

「たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎西村 善文 横浜市立大学大学院生命医科学研究科 研究科長
鈴木 榮一郎 一般社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム JBIC研究所 研究員
田之倉 優  東京大学大学院農学生命科学研究科 教授
山縣 ゆり子 熊本大学大学院生命科学研究部 教授
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「たんぱく質の構造・機能と発現メカニズム」追跡評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望